スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Suicaでスイスイ・・・早野乙
- 2010/01/18(Mon) -
JR東日本「Suica公式サイト」

最近、KITACA、SUICAとオートチャージできないものかと考えています。
KITACAはともかく、SUICAは研究してみよう( ・∀・)
この記事のURL | ケロ経済新聞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
士別→和寒→幌加内
- 2010/01/14(Thu) -
昨年の夏にコンサドーレ札幌のサテライト試合の応援で士別へ行ってきました。
その時の帰り道で撮った写真を紹介していきます。

士別駅

JR士別駅です。
合宿の街をPRしており、また、自衛隊の街でもあります。
駅前に美味しいお蕎麦屋さんがあるのですが、今回は寄らずに移動。
(これが後々orzの原因に・・・)

和寒駅

国道40号線を南下し、JR和寒駅に着きました。
特急が停車する駅ですが、意外にかわいい駅です。

幌加内町1

道々48号線へスイッチし、和寒峠を越えて幌加内町へやってきました。
日曜ということもあり、役場近くの中心地ですが、とても穏やかです。
ほんとうにのんびりしています。

幌加内町2

幌加内のバスターミナルです。
過去には国鉄(JR)深名線が通っていましたが、現在は廃止されています。
バス待ち?の若者がおしゃべりしていました。

幌加内町3

深名線の歴史館も併設されています。
当時の物品も数多くあり、是非、北海道の歴史として一度見学をお勧めします。

・・・そうそう、幌加内のお蕎麦屋さん、お休みだったのよorzorz・・・。
この記事のURL | 旅人アメイジング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の北海道
- 2010/01/13(Wed) -
北海道は真冬に入っています。
さすがに大きな河川は凍っていませんが、
いかにも冷たそうな川辺です。
千歳川

そこへ、冬の使者「白鳥」が羽を休めています。

hakutyou 1

このあと「まねきねこだっ・・・(ry」
いえいえ、このあともっと南下するのかな?それとも街に留まるのかな。
ともあれこの街中の河で白鳥がすぐに見られるのが、北海道の良いところです。

白鳥2

しばらくいると上の写真のように
いっぱい白鳥が集まってきました・・・が、残念ながら食べ物はありませんorz

田中屋1

おっと、散歩帰りに田中屋のたいやきが俺を呼んでいるぜw

この記事のURL | パレ街・北海道編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
試験放送中
- 2009/10/26(Mon) -
ただいま文字マイクのテスト中( ・∀・)

がんばれ コンサドーレ札幌!

ただいま画像のテスト中(´д` )
ポカスタ8
この記事のURL | 挨拶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最近のテレビ報道
- 2009/03/05(Thu) -
最近、国会議員の小●氏の政治献金関連のニュースが盛り上がっているが、
今年には総選挙も控えていることか、
一部のテレビ局のニュースやワイドショーに偏りが見受けられる。

「強引なこじつけでも良いから野党を応援しよう(小●擁護)」
「これは国策捜査だ」「与党の陰謀だ」「与党も同じことをしている」というのは、
正直、不愉快だ。
それも話をいつの間にかすり替えているニュース番組は、
すでにニュース番組ではない。某政党の応援番組だ。

公平な~といつも言いつつ、まあテレビ局も「ひとつの民間企業」。
あれだけ、麻生氏や中川氏をコケにしてしたのに、小●氏の時は擁護しているテレビ局。
そんなテレビ局は見るに値しない。2chのほうが値する。

とりあえず、ここ最近はNHKニュース(夜9時以外)か、WBSだけ見ることにする。


【追記】
パレートの中で、NHKを除く民放ニュース番組で“神”の存在はこちら。

FNN「NEWS COM」(フジ系)

木村太郎氏(元NHK)の報道と、テンポの良い構成。そして、最後のダジャレ。
頭からしっぽまで見ることの出来たニュース番組でした。

その後、後継番組で「NEWS JAPAN」という番組で安藤優子氏が加わってパワーアップしましたが、
やはりNEWSCOMを超えるまでには至らなかった。

ちなみに、今の「NEWSJAPAN」は神官レベルまで来ている。
松本雅哉氏と滝川クリステルのコンビネーションと公平性は素晴らしい。
この記事のURL | ケロ経済新聞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。